« 오빠! | トップページ | 嵐の10月が過ぎて・・・ »

2007年9月19日 (水)

新しい世界

昨日、友人のピンチヒッターで通訳をさせてもらいました。

「障害者イズム」と言う日本のドキュメンタリー映画が韓国で

上映されるということで、監督の奥様でもあり、製作者のひとりでもある

Hさん専用の通訳でした。

障害者問題はあまり、深く考えたことはありませんでしたが・・・

考えてみると、日本と韓国との状況の違いに驚くばかりです。

思い返すと、韓国で車椅子の方をあまりみかけたことがありませんし・・・

明洞や仁寺洞で見かける足の不自由な人たちのことを障害者として

見ていなかった自分に気づきました。

こういう、無関心さが社会をダメにするんだな・・・と反省です。

今回、韓国で上映したにはプチョンにある自立支援センターが主催でした。

センターの所長さんは車椅子が必要な障害をもっているのですが

手だけで運転できるように改造した車でHさんと私を近くの駅まで

送って下さいました。

初めて聞いた話しですが、足でブレーキやアクセルを踏むのと違って

手で運転する車の乗り心地は断然、手で運転する方が優しいんですよ。

足だと、どうしても必要以上に力が入ってしまうために

ガタガタするんだそうだとか・・・

そういえば、韓国のバスはガッタガタで・・・

どこかにつかまっていないと、飛んでいってしまいそうです。

当たり前ですが、障害者の方は勿論!

お年寄りにも優しくない運転です。

もっと、人が人に優しい社会になると良いですね。。。

新しい世界を垣間見て、いろいろ考えてしまいます。

|

« 오빠! | トップページ | 嵐の10月が過ぎて・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 오빠! | トップページ | 嵐の10月が過ぎて・・・ »